髪の情報マガジン

髪についての情報を発信しています

オーガニックやカビなど健康について

オーガニックという言葉が最近流行しています。オーガニックとは有機栽培のことです。よく使用されていた化学合成農薬や肥料を使わずに自然の力に任せて栽培する自然農法のことです。

ちなみに化学合成農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然の力で生産された農産物、加工食品、飼料及び畜産物には農林水産省より有機JASマークが与えられます。

しかし専門家でもなく家庭で自然農法をするのは大変です。農作物を枯らす病気や害虫から大切に育てた農作物を守るのに化学合成農薬や化学肥料を使用してしまいがちですよね。

実際にさまざまな自然農法がありますが、例を挙げるなら岡田式自然農法では、微生物の力を借りる農法を取り入れています。

土壌内の微生物を増殖させて未分解有機物を分解して肥料し、農作物に栄養を与える方法です。

そして有名なのが、あいがも農法です。あいがもが水田の雑草や害虫を食べて、その糞が水稲の栄養となり水稲の収穫後には、食肉として処分する方法です。

こういったようにさまざまな自然農法が農家や専門家の知恵で発明されています。化学物質や添加物で食品や農作物の安全が叫ばれている今、私たちは、化学合成農薬や化学肥料に頼らないオーガニック農法を取り入れるべきではないでしょうか。

食物を食べるのは毎日のことですから、少なからず化学合成されたものは身体に影響がありますので健康に暮らすには大切なことでしょう。

それから最近聞いたことではカビに気をつけるということです。カビは熱を通しても生きている種類がいくつもあり危険です。カビが繁殖した食べ物は食べないようにすることと、吸い込まないようにすることです。

カビが発生していると思ったらカビを除去することを早めにしたほうがいいでしょう。
詳しくはカビの除去についての基礎知識を見てください。
炊事場やお風呂、下駄箱のカビは吸い込みやすく身体に害があることがあるので、家族のためにもすすんで除去しましょう。