髪の情報マガジン

髪についての情報を発信しています

髪のカラーについて

自分のイメージを変えようと思ったときにまず考えるのは髪型だと思います。ロングにしたりショートにしたりパーマをかけたりと、髪型が変わるとイメージがガラッとかわり新鮮な気がします。

 

髪は髪型だけでなく色を変えてもイメージが変わるのでいろいろなバリエーションが出来てとても楽しく、気分転換に髪型やカラーを変えている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、ひとつ気になっているのはヘアカラーが思ったほど長持ちしないので、髪型に合った色にしても、数週間で染め直しが必要なことです。

 

もっとカラーが長い間もてばいいのにと思ったことがある方は参考にしてみて下さい。

 

カラーは髪のキューティクルの部分に入り込んでいるのですが、熱いお湯で洗髪するとはがれやすくなり色が抜けてしまいます。少し温いお湯でも髪の汚れは十分落とすことができるので、少し意識して温いお湯で洗髪するようにしてください。

 

それとヘアワックスやスプレーを使いすぎないことも大切です。もちろんオシャレのために使うことは仕方がないと思いますが、たくさん付けるとシャンプーの回数も増えてしまいカラーが取れる原因になります。

 

何回もシャンプーをすると色が取れるから、そこそこ洗うだけにしている方もいるようですが、洗髪料が落とし切れていないと髪の痛みの元になり、ヘアカラーが取れやすい髪になってしまうので逆効果です。

 

そうならないためには、ヘアワックスやスプレーを必要な時は使い、そうでないときは控えるなどメリハリをつけて使用するようにしましょう。

そうすることで髪へのダメージを減らせるのでカラーが長持ちします。

 

また、ドライヤーの使い方も大切です。

 

ドライヤーを近づけすぎると髪が高温になりキューティクルが開いてしまいカラーが取れやすくなってしまいます。タオルで水分を十分拭き取り、15センチ以上離して使うようにしましょう。できるだけドライヤーの時間を短くすることが大切です。

 

また、半乾きからは冷風に切り替えて乾かしてもいいと思います。

 

キューティクルは水分や熱で開くので、洗髪、ドライヤーの時間をできるだけ短くすることがヘアカラーを長持ちさせるコツです。

 

完璧にするのは無理かもしれませんが、少し意識して髪をいたわるだけでもかなり違うと思いますので実践してみて下さい。